高関 健 Ken TAKASEKI

©MasahideSato

©MasahideSato

桐朋学園大学在学中の1977年にカラヤン指揮者コンクールジャパンで優勝。翌年同大学卒業後、ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーに留学、1985年までヘルベルト・フォン・カラヤンのアシスタントを務めた。

1981年タングルウッド音楽祭でレナード・バーンスタイン、小澤征爾らに指導を受け、同年ベルゲン交響楽団を指揮してヨーロッパ・デビュー。

1983年ニコライ・マルコ記念国際指揮者コンクール第2位。1984年ハンス・スワロフスキー国際指揮者コンクール優勝を経て、1985年1月に日本フィル定期演奏会で日本デビュー。1991年にはN響定期公演に出演して絶賛を博し、1994年“プラハの春国際音楽祭”“ウィーン芸術週間”を含む群馬響ヨーロッパ公演を成功に導いた。

日本のオーケストラはもとより、ウィーン響、オスロ・フィル、デンマーク国立放送響、ベルリン・ドイツ響、クラングフォーラム・ウィーン、プラハ放送響、ケルン放送響などに客演。

広島響音楽監督・常任指揮者(1986~1990年)、新日本フィル正指揮者(1994~2000年)、大阪センチュリー響常任指揮者(1997~2003年)、群馬響音楽監督(1993年1月~2008年3月)、札幌交響楽団正指揮者(2003年~2012年3月)などを歴任。

2009年11月にはピエール・ブーレーズの京都賞受賞記念ワークショップに出演、ブーレーズ氏からもその演奏を絶賛され、また2010年12月には小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラのニューヨーク公演「ブリテン:戦争レクイエム」 で小澤氏をサポート、その熱演を支えた。

オペラにも精通し、2011年2月には新国立劇場オペラ公演「夕鶴」を指揮。

渡邉曉雄音楽基金音楽賞(1996年)、齋藤秀雄メモリアル基金賞(2011年)を受賞。

東京芸術大学音楽学部指揮科招聘教授。

twitter.com/KenTakaseki


当楽団1986年ヨーロッパ演奏旅行、1989年ワールド・ツアー、1992年世界演奏旅行随行指揮者。1990年より当楽団名誉指揮者。