早稲田大学交響楽団にドール氏来訪!


ドール氏とモーツァルト「ホルン協奏曲第3番」の共演

ドール氏とモーツァルト「ホルン協奏曲第3番」の共演



2016年2月11日、早稲田大学交響楽団は、「第10回 練馬稲門会 New Year’s Concert 2016」において、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ホルン奏者のシュテファン・ドール氏と、モーツァルト「ホルン協奏曲第3番」で共演いたしました。ドール氏は紀尾井シンフォニエッタとの共演のために来日中でしたが、関係の深い当楽団のためにコンサート当日と、前日のリハーサルにお越しくださいました。協奏曲のリハーサル後には、当楽団のホルンパートをドール氏にご指導いただき、たいへん幸福な時間を過ごすことができました。11日の本番ではドール氏の突然の登場に観客は大いに沸き、氏の美音に大いに魅了されました。さらに協奏曲の後のプログラムであったドヴォルザーク「交響曲第9番」においても、当楽団のホルンパートとともに演奏してくださいました。

突然の共演にご理解くださった紀尾井シンフォニエッタの皆様、そして幸せな時間を過ごさせていただいたドール氏に深く感謝いたします。