1998年 ワールド・ツアー

本公演について

 早稲田大学交響楽団は、初の海外演奏旅行から数えて丁度20年目にあたる1998年2月から3月にかけて、「1998年ワールド・ツアー」行いました。

公演概要

■公演国・公演都市

◇フィリピン共和国
・マニラ フィリピン文化センター
◇マレーシア
・クアラルンプール プットラー世界貿易センター
◇シンガポール共和国
・シンガポール ヴィクトリアホール
◇スペイン
・サンチアゴ・デ・コンポステラ オーディトリオ・デ・ガリシア
・ムルシア オーディトリオ・イ・セントロ・デ・コングレス
・ヘレス テアトロ・ヴィラマルタ
◇ドイツ連邦共和国
・ボン ベートーヴェンハレ
・ノイス スタッドハレ・ノイス
・ポツダム 平和教会
・ベルリン フィルハーモニー
・ニュルンベルク マイスタージンガーハレ
・レーゲンスブルク オーディトリム・マクシマム
・アウグスブルク コングスハレ
◇アメリカ合衆国
・ボストン シンフォニーホール
・ワシントンD.C. ケネディセンター
・ニューヨーク カーネギー・ホール
・グラスボロー ウィルソンコンサートホール
◇日本国
・東京 サントリーホール

■随行指揮者

  • 岩村 力
  • 曽我 大介

■演奏曲目

  • 外山 雄三/ヴァイオリン協奏曲
  • 外山 雄三/オーケストラのためのラプソディ
  • ヴェルディ/歌劇「運命の力」序曲
  • ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」
  • スメタナ/連作交響詩「我が祖国」より「モルダウ」
  • ベートーヴェン/レオノーレ序曲第3番
  • ドヴォルザーク/チェロ協奏曲
  • ハイドン/交響曲第104番「ロンドン」
  • バルトーク/ヴィオラ協奏曲
  • ブラームス/交響曲第1番

■ソリスト

  • 河内 多結(ヴァイオリン)(当楽団コンサートマスター・当時)
  • ラルフ・キルシュバーム(チェロ)
  • ウォルフラム・クリスト(ヴィオラ)(ベルリンフィルハーモニー管弦楽団第一ソロヴィオラ奏者)